Call Detail Record(CDR)は、ジッター、遅延、パケット損失、Mean Opinion Score(MOS:平均オピニオン評価)などのVoIP通話メトリックの分析に必要な情報を提供します。 SolarWinds VoIP & Network Quality Manager(VNQM)を使用すると、Cisco CallManagerとAvaya Communication Managerが生成するCDRを解析することによって、VoIPパフォーマンスを監視し、ゆがみ、遅延、ノイズをプロアクティブに特定して排除できます。

Call Detail Record(CDR)解析のメリット

Call Detail Record(CDR)解析のメリット

適切なCDR解析ツールがあれば、VoIP通話品質コンポーネントを比較的簡単に監視、測定できます。SolarWinds VNQMのVoIP監視ツールを使用すると、各VoIP通話のCDR内にある通話のパフォーマンス メトリックを監視して、VoIPネットワークのヘルスを追跡し、音声品質の効率性を維持できます。さらに、実際の通話のパフォーマンス メトリックを対応するIP SLAオペレーションと関連付けることで、品質の低い通話やWANのパフォーマンスをトラブルシューティングすることもできます。

Call Detail Record(CDR)解析の実装

Call Detail Record(CDR)解析の実装

高品質のVoIP通話には、ジッター、パケット損失、遅延に関する最小限の要件で音声パケットを配信できるIPネットワークが必要です。 SolarWinds VNQMを使用すると、CDRに関するレポートを作成して、パフォーマンスの低いVoIPメトリックを特定し、影響を受けるその他の通話を見つけ、Cisco VoIPネットワークに発生しうるパターンを特定できます。 VNQMの詳細なVoIP通話メトリックがあると、通話経路の詳細(通話信号伝達)を表示し、問題の根本原因を見つけることができます。

Call Detail Record解析の仕組み

Call Detail Record解析の仕組み

SolarWinds VNQMには各通話の詳細や通話管理記録のデータを検索、フィルター処理する機能が備わっています。 品質の低い通話が発生した場合、VNQMのトラブルシューティング機能を使用することで、通話以外の関連する詳細を見つけ、低品質の根本原因を特定します。 さらに、VNQMでは複数のポイントで計測が可能であり、通話の品質が低下した時間を正確に確認して、VoIPの問題を瞬時に排除できます。

プロアクティブなVoIP QoS管理とWANパフォーマンスの監視

VoIP & Network Quality Manager

  • WAN監視とサイト間WANパフォーマンスをリアルタイムに監視し、アラートを出します。

  • CDR分析を使用して、VoIPパフォーマンスの問題をすばやく特定します。

  • Ciscoデバイス向けの強力なVoIP監視ツールにより、コールがネットワークを通過する際の全体像を把握できます。

最低価格: $1,695
詳細を表示
お問い合わせ先
24時間365日、 いつでもお問い合わせください。
+1-866-530-8100
{{STATIC CONTENT}}
{{CAPTION_TITLE}}

{{CAPTION_CONTENT}}

{{TITLE}}