Windowsサーバーおよびワークステーション向けソフトウェア パッチ管理

Patch Managerを搭載

使いやすいパッチ管理ツールを使用すると、段階的な手順を実行しながらインストールや準備のための処理を行い、IT環境におけるすべてのWindowsサーバーとワークステーションにパッチを適用できます。 パッチ管理には、小規模な一元管理企業だけでなく、分散システムを持つ大企業のニーズにも対応する、柔軟に拡張できるプラットフォームが備わっています システムとワークステーションのすべてにパッチを簡単にインストール、導入、更新できます。

Windowsサーバーとワークステーションのパッチにおける制御

Windowsサーバーとワークステーションのパッチにおける制御

SolarWinds® Patch ManagerはWSUSとMicrosoftの更新エージェントと統合し、カスタム スケジュールに基づいてWindowsパッチを自動的に更新します。 また、カスタム要件ごとに組織内のさまざまなビジネス グループ向けに、個別のパッチ適用スケジュールを作成できます。 パッチの適用が必要なサーバーとワークステーションを事前に特定し、パッチ導入パッケージを構築します。 オペレーティング システム、IP範囲、カスタム グループ、個別の選択に基づき、対象ノードのソフトウェア パッチ適用を管理、スケジュールできます。

何万ものサーバーとワークステーション(物理的、仮想、オンラインおよびオフライン システム、仮想マシン)上に存在するMicrosoft製とサードパーティー製のアプリケーションの両方に、簡単な操作でソフトウェアのパッチを適用し、レポートを作成します。 SolarWindsのソフトウェア パッチ管理ツールでは、調査、スケジュール、導入、レポートなどのパッチ適用プロセス時の多くの手順を簡単な操作で実行できます。

サードパーティー製のソフトウェア パッチ管理の簡素化

サードパーティー製のソフトウェア パッチ管理の簡素化

パッケージ導入前/導入後のシナリオを作成し、面倒なスクリプトを使用することなくOracle、Javaなど複雑なパッチを正常に導入します。 パッチが予定通り、確実にインストールされ、導入されるように、特定のアクションを構築し、パッケージ導入の前/後に発生するように指定できます。 たとえば、サービスの開始と停止、カスタム スクリプトの実行、頻繁な更新を要するアプリケーションを動的に検出するなど、導入前と導入後の一連のシナリオをサーバーやワークステーションの利用率に基づいて設定します。

SolarWinds Patch Managerは、利用者が多く一般的に使用される、次のようなサードパーティー製のソフトウェアにパッチを適用するためのソフトウェアの更新を、ネイティブで提供します。

  • Adobe
  • Citrix Receiver for Windows Enterprise
  • Dameware Mini Remote Control
  • Foxit
  • Google Chrome
  • Google Earth
  • Mozilla Firefox
  • Notepad++
  • Operaブラウザー
  • Oracle Java Runtime Environment
  • QuickTime Player for Windows
  • RealPlayer
  • RealVNC
  • Skype
  • WinRAR
  • UltraVNC
  • WinZip
  • Yahoo! Messenger

詳細なスケジュールと再起動でパッチ導入を管理

詳細なスケジュールと再起動でパッチ導入を管理

次のようなパッチ管理プロセスをコントロールできます。

  • 対象となるサーバーやワークステーション、必要となるパッチ、インストール先を総合的にコントロール
  • 最適なタイミングで、またはタイトな保守タイムフレーム間に更新を実行するように事前にスケジュールを設定
  • サーバーやワークステーションのグループ ポリシーを強制的に更新
  • RDPセッションを実行せずに、特定のサーバーやワークステーションの更新を直ちにダウンロードし、インストール
  • リリース日、クリティカル レベル、その他の条件に基づきインストールが必要となるパッチを選択

Custom Packageウィザード

Custom Packageウィザード

複雑なスクリプトを使用することなく、簡単な操作で作成できるカスタム パッケージを使用することによって、カスタム ソフトウェアやその他のアプリケーションにパッチを簡単に適用できます。また、IT専門家はSystem Center Updates Publisher(SCUP)に依存する必要はありません。パッチ管理ソフトウェアにより、Microsoft WSUSやSCCMを経由し、カスタム パッケージ(MSI、MSP、EXE)を導入できるようになります。これにより、カスタム アプリケーションやソフトウェアの導入やパッチ適用が便利に簡単になります。

Microsoftやサードパーティー アプリケーションへの自動パッチ適用

Patch Manager

  • WSUSは優れたツールですが、パッチを効果的にスケジュールし、パッチ状態やインベントリをレポートする能力に欠けています。

  • SCCMを使用しているのに、Microsoft以外の更新プログラムのパッチ管理やソフトウェア配布を行う場合は、状況が複雑になることがあります。

  • オペレーティング システムやアプリケーションの脆弱性が発見されてから実際に悪用されるまでの時間は、減少する一方です。

最低価格: $3,750
詳細を表示
お問い合わせ先
24時間365日、 いつでもお問い合わせください。
+1-866-530-8100
{{STATIC CONTENT}}
{{CAPTION_TITLE}}

{{CAPTION_CONTENT}}

{{TITLE}}