Systems Management Bundle

Orionプラットフォームをベースとしたシステム全体の監視

  • 数分で開始できる

    自動アプリケーション検出と依存関係マッピング

    ダウンロードし、インストールし、環境を自動検出して、監視を開始できるまでにかかる時間は約1時間です。 プロのサービスは必要ありません。

  • クラウド環境全体を監視

    プライベート、パブリック、ハイブリッドクラウド環境にまたがって、サーバーとアプリケーションの監視を統一。

    エージェントおよびエージェントレス ベースのテクノロジを使用して、サーバーおよびアプリケーションのエンドツーエンドの可視性とパフォーマンスの監視を実現します。  複数のデータ センター、リモート ロケーション、またはクラウドを監視します(Amazon AWS、Microsoft Azure、Google Cloudなど)。

  • アプリケーション中心の監視

    ビルトイン テンプレートをベスト プラクティスで提供

    ADJava、XenApp、IBM WebSphere、Lync、およびその他何百ものアプリケーションにテンプレートを適用し、すぐに監視を開始できます。

  • アプリケーションの問題の根本原因を特定

    アプリケーション中心のインフラストラクチャ依存性マッピング。

    AppStack™ダッシュボードを使用すると、物理サーバー環境と仮想サーバー環境内のアプリケーションの問題の根本原因をいち早く突きとめることができます。 アプリケーションの問題がどこで発生しているか特定するまでにかかる時間は、わずか数秒です。

  • 内蔵された仮想化監視

    Microsoft Hyper-VおよびVMware ESXのヘルスおよびパフォーマンスのメトリック

    物理サーバーと並行して、仮想ホストとゲストのヘルスと可用性を監視します。SolarWinds® Virtualization Managerと連携しているため、仮想化の問題のトラブルシューティングに役立つ詳細な情報も確認できます。

  • ストレージのパフォーマンスとヘルス

    サーバーのボリュームの監視と容量計画

    サーバーのストレージ ボリューム、ディスク使用率、容量メトリックを、複雑な設定をすることなく監視できます。SolarWinds Storage Resource Monitorと連携しているため、SAN環境とNAS環境のストレージの問題のトラブルシューティングに役立つ詳細な情報も確認できます。

  • カスタマイズ可能な監視

    豊富なカスタマイズ オプションから監視対象と方法を選択

    カスタム モニターの作成、内蔵テンプレートの変更、既存のカスタム スクリプトのインポートを行って、アプリケーションと関連するサービスを監視します。

  • SolarWinds Orionプラットフォームをベースとしています。

    スケーラブルで拡張性の高いSolarWinds® Orion®プラットフォームをベースにしています。

    Webパフォーマンスに関して、統一されたモニタリングを行い、より詳細な情報を取得するため、ストレージ、ネットワーク、データベース、仮想化されたリソースだけでなく、他のOrion Platformベースの製品を統合します。 

  • 中央資産管理

    ハードウェアとソフトウェアのインベントリとレポート。

    すべてのサーバーとワークステーションのハードウェアとソフトウェアの資産情報を自動で検出し、リモートで管理できます。 スプレッドシートを使って、手作業で追跡する必要はもうありません。

  • コア アプリケーションに集中する

    Microsoft® Exchange、IIS、SQL Server®のパフォーマンスを詳細に可視化

    ExchangeIISSQL Server用のAppInsightダッシュボードを利用して、アプリケーションを詳細に監視できます。 また、パフォーマンス メトリックを詳しく分析して、複雑なアプリケーションの問題をすばやく解決できます。

  • お使いのアプリを熟知する

    事前に設定されたアラートとレポートを利用して、すばやく対処します。

    インテリジェント ベースライン アラートにより誤検出を回避できます。 組み込まれているアラートとレポートは、必要に応じて、簡単にカスタマイズできます。

  • アプリケーションを意識したネットワーク パフォーマンス

    QoSダッシュボードに各アプリケーションのネットワーク メトリックを表示

    Quality of Service (QoS)は、サーバーでディープ パケット インスペクションネットワーク パケット分析センサーおよびサーバー テレメトリを使用して、アプリケーションの速度低下の原因を特定します。

  • PerfStack™ダッシュボード

    クロススタックITデータの関連付け

    PerfStack™では、システム データや複数のソース(ネットワーク、仮想化、ストレージなど)、複数のデータ タイプのパフォーマンス メトリックを1つのグラフにドラッグ アンド ドロップし、重ねることができます。

    https://play.vidyard.com/CUQRneE6Zx76FC6Zcpi79t.jpg
  • High Availabilityで高可用性を実現

    Orion Platform High Availability(HA)の利用でOrionサーバーとサブネット全体のポーラーの24時間365日の可用性を実現できます。

    SolarWinds High Availabilityにより、お客様の監視環境をO/Sのクラッシュ、アプリケーションの障害、ネットワーク接続の問題、データベース可用性の問題から保護します。

    https://play.vidyard.com/UWCVJYYefypjtBgAV3iusA.jpg
  • Enterprise Command Center

    Enterprise Operations Console (EOC)の利用で、複数のSolarWindsサーバーを1つの統合されたコマンド センターで管理できます。

    SolarWinds Enterprise Operations Consoleは複数のインストール ベースのSolarWindsサーバーからパフォーマンス データを収集し、このデータを集計して合成、一元化されたビューを作成します。

    eoc-summary-dashboard
次の機能
  • 予測のための推奨事項

    VMの規模、配置を最適化するための推奨事項です。

    実用的な情報により、能動的で予測されたVMのパフォーマンスとリソース割り当てのシングル クリック修復が可能になります。

    推奨事項は個別に選択するか、複数選択してすぐに実行または後日実行するようスケジューリングできます。

    https://play.vidyard.com/cb6aUY8KSVwEehPrRMtu6A.jpg
  • 容量計画

    仮想マシンのリソース計画。

    VMware、vSphere、Microsoft Hyper-Vの、CPU、メモリ、ネットワーク、ストレージのニーズを予測します。 “what-if”モデリングシナリオを実行して、リソースの使用状況を予測します。

  • アクティブな仮想化アラート

    ハイパーバイザー固有のアクティブなアラート

    アクティブな仮想化アラートは、クリティカル、重大、警告、情報に分類されます。アラートをクリックすると詳細が表示されます。

  • 管理ダッシュボード

    VMware vSphereおよびMicrosoft Hyper-Vの監視。

    VMware、vSphere、Microsoft Hyper-Vに固有のパフォーマンスの問題を監視して修正します。パフォーマンス、ストレージ、容量計画のダッシュボードで、問題をすばやく修正できます。

  • 管理アクション

    ワンクリックでVirtualization Manager内の問題を解決します。

    ハイパーバイザーにログインせずに問題を修正します。 ストレージとホストの移行、CPUとメモリの追加/削除、スナップショットの管理を1か所からすべて実行します。

  • VMスプロール制御

    仮想プールにリソースを再利用します。

    アイドル状態のVMの電源オフ、電源オフのVMの削除、孤立ファイルの削除、リソースの再利用のためのスナップショットの削除といった操作を行います。  

  • 仮想マシンの適切なサイジング

    最適なパフォーマンスのための、最適なサイズのVM

    ワンクリックでVMのパフォーマンスを最適化します。 過大/過小に割り当てられたCPUとメモリを表示して修正します。 パフォーマンスをより上げるためにCo-Stopの高いVMを表示し、vCPUを減少させます。

  • アプリケーション スタックの統合

    仮想化スタックを完全に可視化します。

    仮想化レイヤー内のパフォーマンスの問題をすばやく修正します。  アプリケーション層とストレージ層の統合により、トラブルシューティング機能を強化します。

  • クラウド インフラストラクチャ監視

    オンプレミスの仮想化と同様、クラウド インフラストラクチャを監視します。

    オンプレミスの仮想環境と同じコンソールから、AWS EC2インスタンスとEBSインスタンスを監視、管理できます。

  • PerfStack™ダッシュボード

    クロススタックITデータの関連付け。

    PerfStackでは、仮想化システムや複数のソース、複数のデータ タイプのパフォーマンス メトリックを1つのグラフにドラッグ アンド ドロップし、重ねることができます。

    https://play.vidyard.com/CUQRneE6Zx76FC6Zcpi79t.jpg
  • High Availabilityで高可用性を実現

    Orion Platform High Availability(HA)の利用でOrionサーバーとサブネット全体のポーラーの24時間365日の可用性を実現できます。

    SolarWinds High Availabilityにより、お客様の監視環境をO/Sのクラッシュ、アプリケーションの障害、ネットワーク接続の問題、データベース可用性の問題から保護します。

    https://play.vidyard.com/UWCVJYYefypjtBgAV3iusA.jpg
  • Enterprise Command Center

    Enterprise Operations Console (EOC)の利用で、複数のSolarWindsサーバーを1つの統合されたコマンド センターで管理できます。

    SolarWinds Enterprise Operations Consoleは複数のインストール ベースのSolarWindsサーバーからパフォーマンス データを収集し、このデータを集計して合成、一元化されたビューを作成します。

    eoc-summary-dashboard
次の機能
  • マルチベンダー ストレージの監視

    EMC®、NetApp®、Dell®その他のマルチベンダー ストレージ配列を監視します。

    お使いのすべてのストレージ配列を横断した包括的なストレージ パフォーマンスの監視とアラート通知により、高いパフォーマンスを確保するとともに、突然の容量不足を回避します。

  • ストレージ パフォーマンス監視

    ステータスと使用状況のしきい値アラートにより、NASとSANのパフォーマンスをリアルタイムに監視します。

    ストレージ・パフォーマンスの問題アプリケーションに影響を与える前に、その問題を迅速かつ容易に特定します。

  • 自動ストレージ容量計画

    見やすい予測増加率を使用して、ストレージ容量を監視できます。

    各容量のレイヤーを明確に把握します。アレイ、プール、LUN/ボリュームにより、使用容量の増加と使い切る時期を確認します。

  • ストレージI/Oホットスポット検出

    I/Oスポットを切り分けることで、I/Oホットスポットがお使いのソリューションに影響を与える前に問題の原因を突きとめることができます。

    ストレージ デバイス内のIOPS、スループット、遅延のホットスポットをすばやく特定します。加えて、リソースがいつ過度に使用されているかを特定します。 

  • 事前に用意されたアラートと自動ベースライン

    お使いのデバイス、LUN、ストレージ プール/RAIDグループ、CIFS共有などの問題について通知を受け取ることができます。

    使いやすいアラートとカスタマイズ可能なしきい値を使って、アプリケーションに影響が及ぶ前に、パフォーマンスの問題を把握しましょう。

  • ストレージ環境レポート

    事前定義済みのカスタム レポートを作成して、お使いのストレージ環境のパフォーマンスと容量のトレンドを確認できます。

    ストレージ配列の全体的なヘルスに関して、読みやすくわかりやすいレポートを作成します。 スプレッドシートを使用せずに複数のベンダーの容量のトレンドを表示します。 

  • アプリケーション スタックの統合

    アプリケーション スタック環境ダッシュボードで、すべてのストレージ レイヤーとともに、仮想化やアプリケーションを瞬時に可視化します。

    お使いのインフラストラクチャのすべてのレイヤーなど、ストレージ パフォーマンスの問題を可視化できます。また何らかのストレージ要素に依存しているVMやアプリケーションも可視化できます。

  • ストレージ デバイス ラベルとプロパティ

    ストレージ デバイスとリソースのラベルとプロパティをカスタマイズできます。

    監視対象のストレージ デバイスのロケーション、サービス タグ、シリアル番号などの情報を割り当てることができます。

  • PerfStack™ダッシュボード

    クロススタックITデータの関連付け

    PerfStackでは、ストレージ システムや複数のソース(システム、アプリケーション、ネットワーク、仮想化など)と複数のデータ タイプのパフォーマンス メトリックを1つのグラフにドラッグ アンド ドロップし、重ねることができます。

    https://play.vidyard.com/CUQRneE6Zx76FC6Zcpi79t.jpg
  • High Availabilityで高可用性を実現

    Orion Platform High Availability(HA)の利用でOrionサーバーとサブネット全体のポーラーの24時間365日の可用性を実現できます。

    SolarWinds High Availabilityにより、お客様の監視環境をO/Sのクラッシュ、アプリケーションの障害、ネットワーク接続の問題、データベース可用性の問題から保護します。

    https://play.vidyard.com/UWCVJYYefypjtBgAV3iusA.jpg
  • Enterprise Command Center

    Enterprise Operations Console (EOC)の利用で、複数のSolarWindsサーバーを1つの統合されたコマンド センターで管理できます。

    SolarWinds Enterprise Operations Consoleは複数のインストール ベースのSolarWindsサーバーからパフォーマンス データを収集し、このデータを集計して合成、一元化されたビューを作成します。

    eoc-summary-dashboard
次の機能
  • パフォーマンスの完全な監視

    WebサービスおよびSaaSアプリケーションのパフォーマンスを監視します。

    サードパーティーのアプリケーションに依存することなく、遅いWebサービスがユーザー エクスペリエンスに影響を与えているかどうかを予見的に確認します。

  • 継続的な合成トランザクション監視

    自分のアプリをユーザーのように体験してみましょう。

    重要なトランザクションを5分おきに記録し、実行します。

  • 詳細な読み込み時間メトリック

    詳細な読み込み時間メトリックを使用してトラブルシューティングを行います。

    動作が遅いWebページのエレメントや全体的なWebサイト アプリケーション パフォーマンスに影響するトランザクションを特定し、解決します。 CSS、HTML、JavaScript、サードパーティーのプラグインで遅延の問題を診断します。

  • 複数の場所からの監視

    オンプレミスとクラウドの複数の場所からWebサイトのユーザー エクスペリエンスを監視します。

    トランザクション プレーヤーをAmazon® EC2®に展開し、複数のロケーションでユーザーの利便性を追跡します。

  • ブラウザ ベースのトランザクション レコーダー。

    ボタンを押すだけで、任意のWebトランザクションのステップをキャプチャすることができます。スクリプトは必要ありません。

    スクリプトなしで、複雑な多段階のトランザクションを記録します。

    https://play.vidyard.com/zNCogfL68WagETuDofjZhA.jpg
  • トランザクションの記録

    ユーザーに影響が及ぶ前にWebパフォーマンスの問題を特定し、対処します。

    SMSや電子メールで、アプリケーションに障害が発生する前にWebサイトのパフォーマンスやアプリケーションの問題の通知を受け取ります。

  • パフォーマンス レポート

    WebアプリケーションおよびWebサイトのパフォーマンス レポート。

    ページ ロード スピード、トランザクションの正常性、Webサイトの可用性などのすぐに使えるWebサイト パフォーマンス レポートや、カスタムWebサイト パフォーマンス レポートを生成します。

  • Orion®プラットフォームと統合します。

    Webアプリケーションのビューを自分の環境全体のビューに拡張します。

    他のOrionプラットフォーム製品がインストールされている場合は、アプリケーション インフラストラクチャについての詳細な情報を表示します。

  • High Availabilityで高可用性を実現

    Orion Platform High Availability(HA)の利用でOrionサーバーとサブネット全体のポーラーの24時間365日の可用性を実現できます。

    SolarWinds High Availabilityにより、お客様の監視環境をO/Sのクラッシュ、アプリケーションの障害、ネットワーク接続の問題、データベース可用性の問題から保護します。

    https://play.vidyard.com/UWCVJYYefypjtBgAV3iusA.jpg
  • Enterprise Command Center

    Enterprise Operations Console (EOC)の利用で、複数のSolarWindsサーバーを1つの統合されたコマンド センターで管理できます。

    SolarWinds Enterprise Operations Consoleは複数のインストール ベースのSolarWindsサーバーからパフォーマンス データを収集し、このデータを集計して合成、一元化されたビューを作成します。

    eoc-summary-dashboard
次の機能

主な機能

その他の機能を見る +
機能の詳細を閉じる -
数分で開始できる
自動アプリケーション検出と依存関係マッピング ダウンロードし、インストールし、環境を自動検出して、監視を開始できるまでにかかる時間は約1時間です。 プロのサービスは必要ありません。
クラウド環境全体を監視
プライベート、パブリック、ハイブリッドクラウド環境にまたがって、サーバーとアプリケーションの監視を統一。 エージェントおよびエージェントレス ベースのテクノロジを使用して、サーバーおよびアプリケーションのエンドツーエンドの可視性とパフォーマンスの監視を実現します。  複数のデータ センター、リモート ロケーション、またはクラウドを監視します(Amazon AWS、Microsoft Azure、Google Cloudなど)。
アプリケーション中心の監視
ビルトイン テンプレートをベスト プラクティスで提供 ADJava、XenApp、IBM WebSphere、Lync、およびその他何百ものアプリケーションにテンプレートを適用し、すぐに監視を開始できます。
アプリケーションの問題の根本原因を特定
アプリケーション中心のインフラストラクチャ依存性マッピング。 AppStack™ダッシュボードを使用すると、物理サーバー環境と仮想サーバー環境内のアプリケーションの問題の根本原因をいち早く突きとめることができます。 アプリケーションの問題がどこで発生しているか特定するまでにかかる時間は、わずか数秒です。
内蔵された仮想化監視
Microsoft Hyper-VおよびVMware ESXのヘルスおよびパフォーマンスのメトリック 物理サーバーと並行して、仮想ホストとゲストのヘルスと可用性を監視します。SolarWinds® Virtualization Managerと連携しているため、仮想化の問題のトラブルシューティングに役立つ詳細な情報も確認できます。
ストレージのパフォーマンスとヘルス
サーバーのボリュームの監視と容量計画 サーバーのストレージ ボリューム、ディスク使用率、容量メトリックを、複雑な設定をすることなく監視できます。SolarWinds Storage Resource Monitorと連携しているため、SAN環境とNAS環境のストレージの問題のトラブルシューティングに役立つ詳細な情報も確認できます。
カスタマイズ可能な監視
豊富なカスタマイズ オプションから監視対象と方法を選択 カスタム モニターの作成、内蔵テンプレートの変更、既存のカスタム スクリプトのインポートを行って、アプリケーションと関連するサービスを監視します。
SolarWinds Orionプラットフォームをベースとしています。
スケーラブルで拡張性の高いSolarWinds® Orion®プラットフォームをベースにしています。 Webパフォーマンスに関して、統一されたモニタリングを行い、より詳細な情報を取得するため、ストレージ、ネットワーク、データベース、仮想化されたリソースだけでなく、他のOrion Platformベースの製品を統合します。 
中央資産管理
ハードウェアとソフトウェアのインベントリとレポート。 すべてのサーバーとワークステーションのハードウェアとソフトウェアの資産情報を自動で検出し、リモートで管理できます。 スプレッドシートを使って、手作業で追跡する必要はもうありません。
コア アプリケーションに集中する
Microsoft® Exchange、IIS、SQL Server®のパフォーマンスを詳細に可視化 ExchangeIISSQL Server用のAppInsightダッシュボードを利用して、アプリケーションを詳細に監視できます。 また、パフォーマンス メトリックを詳しく分析して、複雑なアプリケーションの問題をすばやく解決できます。
お使いのアプリを熟知する
事前に設定されたアラートとレポートを利用して、すばやく対処します。 インテリジェント ベースライン アラートにより誤検出を回避できます。 組み込まれているアラートとレポートは、必要に応じて、簡単にカスタマイズできます。
アプリケーションを意識したネットワーク パフォーマンス
QoSダッシュボードに各アプリケーションのネットワーク メトリックを表示 Quality of Service (QoS)は、サーバーでディープ パケット インスペクションネットワーク パケット分析センサーおよびサーバー テレメトリを使用して、アプリケーションの速度低下の原因を特定します。
PerfStack™ダッシュボード
クロススタックITデータの関連付け PerfStack™では、システム データや複数のソース(ネットワーク、仮想化、ストレージなど)、複数のデータ タイプのパフォーマンス メトリックを1つのグラフにドラッグ アンド ドロップし、重ねることができます。 https://play.vidyard.com/CUQRneE6Zx76FC6Zcpi79t.jpg
High Availabilityで高可用性を実現
Orion Platform High Availability(HA)の利用でOrionサーバーとサブネット全体のポーラーの24時間365日の可用性を実現できます。 SolarWinds High Availabilityにより、お客様の監視環境をO/Sのクラッシュ、アプリケーションの障害、ネットワーク接続の問題、データベース可用性の問題から保護します。 https://play.vidyard.com/UWCVJYYefypjtBgAV3iusA.jpg
Enterprise Command Center
Enterprise Operations Console (EOC)の利用で、複数のSolarWindsサーバーを1つの統合されたコマンド センターで管理できます。 SolarWinds Enterprise Operations Consoleは複数のインストール ベースのSolarWindsサーバーからパフォーマンス データを収集し、このデータを集計して合成、一元化されたビューを作成します。 eoc-summary-dashboard
予測のための推奨事項
VMの規模、配置を最適化するための推奨事項です。

実用的な情報により、能動的で予測されたVMのパフォーマンスとリソース割り当てのシングル クリック修復が可能になります。

推奨事項は個別に選択するか、複数選択してすぐに実行または後日実行するようスケジューリングできます。

https://play.vidyard.com/cb6aUY8KSVwEehPrRMtu6A.jpg
容量計画
仮想マシンのリソース計画。 VMware、vSphere、Microsoft Hyper-Vの、CPU、メモリ、ネットワーク、ストレージのニーズを予測します。 “what-if”モデリングシナリオを実行して、リソースの使用状況を予測します。
アクティブな仮想化アラート
ハイパーバイザー固有のアクティブなアラート アクティブな仮想化アラートは、クリティカル、重大、警告、情報に分類されます。アラートをクリックすると詳細が表示されます。
管理ダッシュボード
VMware vSphereおよびMicrosoft Hyper-Vの監視。 VMware、vSphere、Microsoft Hyper-Vに固有のパフォーマンスの問題を監視して修正します。パフォーマンス、ストレージ、容量計画のダッシュボードで、問題をすばやく修正できます。
管理アクション
ワンクリックでVirtualization Manager内の問題を解決します。 ハイパーバイザーにログインせずに問題を修正します。 ストレージとホストの移行、CPUとメモリの追加/削除、スナップショットの管理を1か所からすべて実行します。
VMスプロール制御
仮想プールにリソースを再利用します。 アイドル状態のVMの電源オフ、電源オフのVMの削除、孤立ファイルの削除、リソースの再利用のためのスナップショットの削除といった操作を行います。  
仮想マシンの適切なサイジング
最適なパフォーマンスのための、最適なサイズのVM ワンクリックでVMのパフォーマンスを最適化します。 過大/過小に割り当てられたCPUとメモリを表示して修正します。 パフォーマンスをより上げるためにCo-Stopの高いVMを表示し、vCPUを減少させます。
アプリケーション スタックの統合
仮想化スタックを完全に可視化します。 仮想化レイヤー内のパフォーマンスの問題をすばやく修正します。  アプリケーション層とストレージ層の統合により、トラブルシューティング機能を強化します。
クラウド インフラストラクチャ監視
オンプレミスの仮想化と同様、クラウド インフラストラクチャを監視します。

オンプレミスの仮想環境と同じコンソールから、AWS EC2インスタンスとEBSインスタンスを監視、管理できます。

PerfStack™ダッシュボード
クロススタックITデータの関連付け。

PerfStackでは、仮想化システムや複数のソース、複数のデータ タイプのパフォーマンス メトリックを1つのグラフにドラッグ アンド ドロップし、重ねることができます。

https://play.vidyard.com/CUQRneE6Zx76FC6Zcpi79t.jpg
High Availabilityで高可用性を実現
Orion Platform High Availability(HA)の利用でOrionサーバーとサブネット全体のポーラーの24時間365日の可用性を実現できます。 SolarWinds High Availabilityにより、お客様の監視環境をO/Sのクラッシュ、アプリケーションの障害、ネットワーク接続の問題、データベース可用性の問題から保護します。 https://play.vidyard.com/UWCVJYYefypjtBgAV3iusA.jpg
Enterprise Command Center
Enterprise Operations Console (EOC)の利用で、複数のSolarWindsサーバーを1つの統合されたコマンド センターで管理できます。 SolarWinds Enterprise Operations Consoleは複数のインストール ベースのSolarWindsサーバーからパフォーマンス データを収集し、このデータを集計して合成、一元化されたビューを作成します。 eoc-summary-dashboard
マルチベンダー ストレージの監視
EMC®、NetApp®、Dell®その他のマルチベンダー ストレージ配列を監視します。 お使いのすべてのストレージ配列を横断した包括的なストレージ パフォーマンスの監視とアラート通知により、高いパフォーマンスを確保するとともに、突然の容量不足を回避します。
ストレージ パフォーマンス監視
ステータスと使用状況のしきい値アラートにより、NASとSANのパフォーマンスをリアルタイムに監視します。 ストレージ・パフォーマンスの問題アプリケーションに影響を与える前に、その問題を迅速かつ容易に特定します。
自動ストレージ容量計画
見やすい予測増加率を使用して、ストレージ容量を監視できます。 各容量のレイヤーを明確に把握します。アレイ、プール、LUN/ボリュームにより、使用容量の増加と使い切る時期を確認します。
ストレージI/Oホットスポット検出
I/Oスポットを切り分けることで、I/Oホットスポットがお使いのソリューションに影響を与える前に問題の原因を突きとめることができます。 ストレージ デバイス内のIOPS、スループット、遅延のホットスポットをすばやく特定します。加えて、リソースがいつ過度に使用されているかを特定します。 
事前に用意されたアラートと自動ベースライン
お使いのデバイス、LUN、ストレージ プール/RAIDグループ、CIFS共有などの問題について通知を受け取ることができます。 使いやすいアラートとカスタマイズ可能なしきい値を使って、アプリケーションに影響が及ぶ前に、パフォーマンスの問題を把握しましょう。
ストレージ環境レポート
事前定義済みのカスタム レポートを作成して、お使いのストレージ環境のパフォーマンスと容量のトレンドを確認できます。 ストレージ配列の全体的なヘルスに関して、読みやすくわかりやすいレポートを作成します。 スプレッドシートを使用せずに複数のベンダーの容量のトレンドを表示します。 
アプリケーション スタックの統合
アプリケーション スタック環境ダッシュボードで、すべてのストレージ レイヤーとともに、仮想化やアプリケーションを瞬時に可視化します。 お使いのインフラストラクチャのすべてのレイヤーなど、ストレージ パフォーマンスの問題を可視化できます。また何らかのストレージ要素に依存しているVMやアプリケーションも可視化できます。
ストレージ デバイス ラベルとプロパティ
ストレージ デバイスとリソースのラベルとプロパティをカスタマイズできます。 監視対象のストレージ デバイスのロケーション、サービス タグ、シリアル番号などの情報を割り当てることができます。
PerfStack™ダッシュボード
クロススタックITデータの関連付け PerfStackでは、ストレージ システムや複数のソース(システム、アプリケーション、ネットワーク、仮想化など)と複数のデータ タイプのパフォーマンス メトリックを1つのグラフにドラッグ アンド ドロップし、重ねることができます。 https://play.vidyard.com/CUQRneE6Zx76FC6Zcpi79t.jpg
High Availabilityで高可用性を実現
Orion Platform High Availability(HA)の利用でOrionサーバーとサブネット全体のポーラーの24時間365日の可用性を実現できます。 SolarWinds High Availabilityにより、お客様の監視環境をO/Sのクラッシュ、アプリケーションの障害、ネットワーク接続の問題、データベース可用性の問題から保護します。 https://play.vidyard.com/UWCVJYYefypjtBgAV3iusA.jpg
Enterprise Command Center
Enterprise Operations Console (EOC)の利用で、複数のSolarWindsサーバーを1つの統合されたコマンド センターで管理できます。 SolarWinds Enterprise Operations Consoleは複数のインストール ベースのSolarWindsサーバーからパフォーマンス データを収集し、このデータを集計して合成、一元化されたビューを作成します。 eoc-summary-dashboard
パフォーマンスの完全な監視
WebサービスおよびSaaSアプリケーションのパフォーマンスを監視します。 サードパーティーのアプリケーションに依存することなく、遅いWebサービスがユーザー エクスペリエンスに影響を与えているかどうかを予見的に確認します。
継続的な合成トランザクション監視
自分のアプリをユーザーのように体験してみましょう。 重要なトランザクションを5分おきに記録し、実行します。
詳細な読み込み時間メトリック
詳細な読み込み時間メトリックを使用してトラブルシューティングを行います。 動作が遅いWebページのエレメントや全体的なWebサイト アプリケーション パフォーマンスに影響するトランザクションを特定し、解決します。 CSS、HTML、JavaScript、サードパーティーのプラグインで遅延の問題を診断します。
複数の場所からの監視
オンプレミスとクラウドの複数の場所からWebサイトのユーザー エクスペリエンスを監視します。 トランザクション プレーヤーをAmazon® EC2®に展開し、複数のロケーションでユーザーの利便性を追跡します。
ブラウザ ベースのトランザクション レコーダー。
ボタンを押すだけで、任意のWebトランザクションのステップをキャプチャすることができます。スクリプトは必要ありません。 スクリプトなしで、複雑な多段階のトランザクションを記録します。 https://play.vidyard.com/zNCogfL68WagETuDofjZhA.jpg
トランザクションの記録
ユーザーに影響が及ぶ前にWebパフォーマンスの問題を特定し、対処します。 SMSや電子メールで、アプリケーションに障害が発生する前にWebサイトのパフォーマンスやアプリケーションの問題の通知を受け取ります。
パフォーマンス レポート
WebアプリケーションおよびWebサイトのパフォーマンス レポート。 ページ ロード スピード、トランザクションの正常性、Webサイトの可用性などのすぐに使えるWebサイト パフォーマンス レポートや、カスタムWebサイト パフォーマンス レポートを生成します。
Orion®プラットフォームと統合します。
Webアプリケーションのビューを自分の環境全体のビューに拡張します。 他のOrionプラットフォーム製品がインストールされている場合は、アプリケーション インフラストラクチャについての詳細な情報を表示します。
High Availabilityで高可用性を実現
Orion Platform High Availability(HA)の利用でOrionサーバーとサブネット全体のポーラーの24時間365日の可用性を実現できます。 SolarWinds High Availabilityにより、お客様の監視環境をO/Sのクラッシュ、アプリケーションの障害、ネットワーク接続の問題、データベース可用性の問題から保護します。 https://play.vidyard.com/UWCVJYYefypjtBgAV3iusA.jpg
Enterprise Command Center
Enterprise Operations Console (EOC)の利用で、複数のSolarWindsサーバーを1つの統合されたコマンド センターで管理できます。 SolarWinds Enterprise Operations Consoleは複数のインストール ベースのSolarWindsサーバーからパフォーマンス データを収集し、このデータを集計して合成、一元化されたビューを作成します。 eoc-summary-dashboard

Systems Management Bundleに含まれるもの

Server & Application Monitor

問題がインシデントになる前にアプリケーション問題を見つけて解決

  • 数分で開始できる
  • クラウド環境全体を監視
  • アプリケーション中心の監視
最低価格:$2,995

Virtualization Manager

パフォーマンスを最適化し、数分でvSphereおよびHyper-Vの問題を修正

  • 予測のための推奨事項
  • 容量計画
  • アクティブな仮想化アラート
最低価格:$2,995

Storage Resource Monitor

マルチベンダーのストレージのパフォーマンスと容量の監視

  • マルチベンダー ストレージの監視
  • ストレージ パフォーマンス監視
  • 自動ストレージ容量計画
最低価格:$2,935

Web Performance Monitor

WebおよびSaaSアプリケーションの包括的なパフォーマンス監視

  • パフォーマンスの完全な監視
  • 継続的な合成トランザクション監視
  • 詳細な読み込み時間メトリック
最低価格:$1,995

FAQ: 質問して答えを得ましょう。

  • Systems Management Bundleを利用するには、すべての製品が必要ですか?
  • オンライン トレーニングの教材はありますか?
詳細 表示を減らす
  • Systems Management Bundleを利用するには、すべての製品が必要ですか?

    いいえ、必要に応じて増やすことができます。

    すべての製品を導入することですべての情報が揃いますが、いくつかの製品から使用し始め、必要に応じて追加することもできます。

  • オンライン トレーニングの教材はありますか?

    はい、オンライン トレーニングをご用意しています。

    以下の情報を参考に、開始してください。

次の質問:

FAQ: 質問して答えを得ましょう。)

Systems Management Bundleを利用するには、すべての製品が必要ですか?
いいえ、必要に応じて増やすことができます。 すべての製品を導入することですべての情報が揃いますが、いくつかの製品から使用し始め、必要に応じて追加することもできます。
Close FAQ
オンライン トレーニングの教材はありますか?
はい、オンライン トレーニングをご用意しています。 以下の情報を参考に、開始してください。
Close FAQ
詳細 表示を減らす
SolarWindsは170か国、25万社のお客様に信頼されています

ライセンスを選択

Systems Management Bundleのライセンスを選択 開始時刻:$3,495

Database Performance Analyzer for Oracle EE/DB2/Sybase is licensed per monitored Oracle EE, DB2, or SyBase server. Enter the number of instances you require below.

{{STATIC CONTENT}}

{{CAPTION_TITLE}}

{{CAPTION_CONTENT}}

{{TITLE}}