IP Control Bundle スプレッドシート要らずで、ネットワークの信頼性とコントロールを向上

ライセンスが付与されたこのバンドルに含まれる製品:
  1. IP Address Manager
  2. User Device Tracker
fn_vidyard_fDnDBA66Ud4zjvLgdiwahc();
https://play.vidyard.com/fDnDBA66Ud4zjvLgdiwahc.jpg
  • 自動IPアドレス追跡

    IP追跡スプレッドシートのことは忘れて、IPv4およびIPv6アドレスを積極的に識別・管理しましょう。

    アクティブなスキャンを使用して、サブネットおよび関連するアドレス ブロックを検出・追跡し、一時的なIPアドレスを表示して放棄されたIPアドレスを簡単に識別し、回収します。

  • DHCP、DNS、IPアドレス管理ツールの統合

    手ごろな価格で、DHCP、DNS、IPアドレス管理ソフトウェアを完全に統合します。

    1つのコンソールの1回の操作で、空いているIPを検出し、DHCP予約とDNSエントリを作成します。

  • IPアラート、トラブルシューティング、レポート

    IPアドレスの競合、サブネット/スコープの枯渇、またはDNSエントリの不一致が把握できます。

    IPアドレスの使用状況を監視し、サブネットの容量の問題とIPアドレスの競合に関するアラートを受信し、パフォーマンスに影響する問題をすばやく解決できます。

  • 複数ベンダーのDHCPおよびDNSサポート

    DHCPサーバーとDNSサーバーを1台のコンソールから管理することで、時間を節約し、エラーを回避できます。

    Microsoft、Cisco、ISC DHCPのサーバーや、BINDおよびMicrosoftのDNSサーバーを1つのコンソールから一元的に管理、監視できます。 またIPアドレス トラッカー ソフトウェアは、範囲 またはDNSゾーンとレコードを作成、編集、削除できます。

  • 固定IPアドレス リクエストの自動化

    IPAMのIPリクエスト ウィザードを利用して、固定IPアドレスを素早く予約します。

    自動的に予約、または内蔵のIPリクエスト ウィザードを利用してユーザーがIPアドレスをリクエストできるようにします。 また、IPAMでは、コンプライアンスのためのリクエストの追跡や、管理目的の変更について自動レポート機能を提供しています。

    fn_vidyard_3D8VgfnbgxLtZq7j88gA6z();
    https://play.vidyard.com/3D8VgfnbgxLtZq7j88gA6z.jpg
  • APIサポート

    IPAMは、CRUD(作成、読み取り、更新、削除)の操作でAPIサポートを提供し、サードパーティーのソフトウェアとの双方向の統合を可能にします。

    IPレコードの作成、変更、削除を自動化します。 さらに、IPAMで新しいサブネットを作成し、APIを介してDNSエントリを作成/更新/削除できます。

  • VMware統合

    VMware環境におけるIPアドレス管理を自動化します。

    IPAMは、VMware vRealize Orchestrator(vRO)とvRealize Automation(vRA)を統合し、IPアドレスの発行と仮想マシンのDNS記録の更新を自動化します。 これらの作業を自動化することで仮想環境をダイナミックに拡大できます。

    fn_vidyard_q4wzKFbSsKtLsmmGXBSUf9();
    https://play.vidyard.com/q4wzKFbSsKtLsmmGXBSUf9.jpg
  • IPの詳細と履歴の追跡

    IPを手に取るように認識できます。

    IPアドレス管理ツールでは、お使いのすべてのIPと、使用方法’について(現在使用していないものを含め)の’詳細を提供できます。

  • クラウドDNS監視

    AWS Route 53およびAzure DNSのゾーンや記録を一括監視します。

    Amazon Web Services(AWS)Route 53およびAzure DNS のゾーンと記録の両方を、個別の管理コンソールにログインすることなく監視します。

  • 管理の委任

    簡単にIP管理を委任します。

    IP管理を容易にし、システム管理者やネットワーク管理者が担当範囲のIPを監視できるようにします。

  • Microsoft DHCPフェールオーバー関係の管理機能強化

    フェールオーバー関係の作成、監視を簡略化します。

    DHCPサーバー上のすべてのリレーションシップを1つの画面で構成することにより、フェイルオーバー リレーションシップの管理を簡素化します。 また、リレーションシップの詳細をポップアップ ウィンドウにすばやく表示できます。

  • IPレポート

    IPアドレスに関するレポートを簡単に作成可能

    IPAM IPアドレス管理ソフトウェアにより、カスタマイズ可能なすぐに使えるテンプレートを活用して、迅速かつ柔軟な一元化されたレポートを達成できるようにします。

  • 統一されたIT管理ダッシュボード

    IPAMはOrion®プラットフォームの一部です。これにより、統一されたIT管理ダッシュボードが利用できます。

    IPAM IPアドレス管理ソフトウェアのダッシュボードは、Network Performance MonitorServer & Application MonitorNetwork Configuration Managerなどのその他のSolarWinds管理製品と統合できます。

  • IP Control Bundleへの統合

    IP Control Bundle(IPCB)では、IPAMとSolarWinds User Device Tracker(UDT)の機能を併せて利用することで、ネットワークの信頼性と可視性を高めます。

    IPCBでは、IPアドレスと対応するエンドポイント接続/ロケーションの詳細を単一のビューで確認でき、リモート ポート シャットダウン機能を利用できます。 このため、たった2回のクリックでIPの競合を検知し、修正することができます。

  • 迅速なインストール

    通常1時間以内で稼動を開始できます。

    IP Address Managerをインストール、構成して使い始めるまでの時間は約1時間です。

  • High Availabilityで高可用性を実現

    Orion Platform High Availability(HA)の利用でOrionサーバーとサブネット全体のポーラーの24時間365日の可用性を実現できます。

    SolarWinds High Availabilityにより、お客様の監視環境をO/Sのクラッシュ、アプリケーションの障害、ネットワーク接続の問題、データベース可用性の問題から保護します。

    fn_vidyard_UWCVJYYefypjtBgAV3iusA();
    https://play.vidyard.com/UWCVJYYefypjtBgAV3iusA.jpg
次の機能
  • ネットワーク デバイスのすばやい検索

    ネットワーク デバイス ロケータにより、IPまたはMACアドレス、ユーザー名、ホスト名別にエンドポイントのデバイスを追跡できます。

    LANおよびワイヤレス ネットワーク上のネットワーク デバイスを即座に見つけ、スイッチ名、ポート、ポートの説明、VLAN、VRFデータ、ベンダー情報などをすべて単一のコンソールから取得します。

  • WAP、スイッチ、ポートをマッピングして監視

    ネットワーク デバイス識別マップでは、ワイヤレス アクセス ポイントとスイッチのパフォーマンスとエラーを監視できます。

    ポートの状態と使用状況、応答時間、パケット損失、CPU負荷、メモリ使用率などの知識を得ることができます。

  • スイッチとスイッチ ポート容量を管理

    使用中のスイッチとポート、容量に達しそうなスイッチを常に把握します。

    ネットワーク デバイス トラッカーでは、ほぼ最大限の容量に達している作動中のスイッチを特定し、未使用のポートを再利用できる場所を確認できます。 すぐに使用できるレポートで、現在の使用率メトリックも受け取るため、容量要件の予測の予測を立てやすくなります。

  • 不正なデバイスやユーザーを検出する

    LANまたはワイヤレスネットワーク上で権限のないユーザーや不正デバイスを追跡します。

    疑わしいデバイスがお使いのネットワークに接続されると、アラートを受信します。有線デバイスとネットワーク デバイスの両方でMACアドレス、IPアドレス、またはホスト名別に監視デバイスを追跡するデバイス ウォッチ リストを作成します。

  • ポートをリモートでオン/オフにする

    スイッチ ポートをリモートでオン/オフにし、セキュリティを強化したり、IPの競合などの問題を解決します。

    リモートで、しかもポイントアンドクリックで簡単に、侵害されたネットワーク デバイスポートをシャットダウンします。不正なデバイスを検出し、ポートをシャットダウンしてセキュリティ リスクを軽減したり、ネットワークの問題を防ぎます。

  • 統一されたIT管理ダッシュボード

    UDTはOrion®プラットフォームの一部です。これにより、統一されたIT管理ダッシュボードを利用できます。

    UDTダッシュボードは、Network Performance Monitor、IP Address Manager、Network Configuration ManagerなどのSolarWinds管理製品と統合されています。

  • デバイス接続とユーザー ログオン履歴を入手

    詳細なデバイス接続データとユーザー ログオン データを使用して、インシデントを調査します。

    「接続の履歴」と「すべてのユーザー ログイン」を使用して、ユーザーがどのノード ポート、SSD、アクセス ポイント、どの接続タイプを介していつネットワークに入ったかを把握できます。

  • ユーザーの特定

    Active Directory®を介して、ユーザー名や連絡先情報など、ユーザーの詳細を取得します。

    ユーザーの詳細を収集し、すべてのエンドポイント ログイン、特にエンドポイント名と最新のログイン時間を明らかにします。

  • デバイス サポート

    UDTには、マルチベンダー デバイス サポートがあります。

    多くのSNMP管理スイッチおよびアクセス ポイントと互換性のあるマルチベンダー デバイス サポートを活用できます。

  • ポート詳細

    ポートの詳細を表示します。

    UDTデバイス追跡ソフトウェアは、ポートの説明、VLAN割り当て、接続済みMAC、ポート構成情報を提供するために構築されています。

  • エンドポイント デバイス ベンダーの特定

    ベンダーごとにエンド ポイントの概要を表示します。

    UDTネットワーク デバイス識別ツールで数値データ キーを使ったエンドポイント ベンダーの円グラフを使用して、ネットワークにどのベンダー機器が接続されているかを把握します。

  • IP Control Bundleへの統合

    UDTとSolarwinds IP Address Managerの組み合わせにより、ネットワークの信頼性と制御性が高まります。

    IP Control Bundleは、IPの競合に関するアラートを送信し、競合するデバイスのすばやい発見と隔離に役立ちます。

    fn_vidyard_fDnDBA66Ud4zjvLgdiwahc();
    https://play.vidyard.com/fDnDBA66Ud4zjvLgdiwahc.jpg
  • SolarWinds NetFlow Traffic Analyzerとの統合

    NetFlow Traffic AnalyzerでUser Device Trackerを強化します。

    User Device Trackerの機能をNetflow Traffic Analyzerと組み合わせることにより、特定の高帯域幅デバイス(またはエンドポイント)を識別してそれをシャットダウンします。

    fn_vidyard_fEqghSsEUgYxNvekBYSjmj();
    https://play.vidyard.com/fEqghSsEUgYxNvekBYSjmj.jpg
  • 迅速なインストール

    1時間で稼動を開始できます。

    User Device Trackerをインストール、構成して使い始めるまでの時間は約1時間です。

  • High Availabilityで高可用性を実現

    Orion Platform High Availability(HA)の利用でOrionサーバーとサブネット全体のポーラーの24時間365日の可用性を実現できます。

    SolarWinds High Availabilityにより、お客様の監視環境をO/Sのクラッシュ、アプリケーションの障害、ネットワーク接続の問題、データベース可用性の問題から保護します。

    fn_vidyard_UWCVJYYefypjtBgAV3iusA();
    https://play.vidyard.com/UWCVJYYefypjtBgAV3iusA.jpg
  • Enterprise Command Center

    Enterprise Operations Console (EOC)の利用で、複数のSolarWindsサーバーを1つの統合されたコマンド センターで管理できます。

    SolarWinds Enterprise Operations Consoleは複数のインストール ベースのSolarWindsサーバーからパフォーマンス データを収集し、このデータを集計して合成、一元化されたビューを作成します。

次の機能
主な機能
その他の機能を見る +
機能の詳細を閉じる -
自動IPアドレス追跡
IP追跡スプレッドシートのことは忘れて、IPv4およびIPv6アドレスを積極的に識別・管理しましょう。 アクティブなスキャンを使用して、サブネットおよび関連するアドレス ブロックを検出・追跡し、一時的なIPアドレスを表示して放棄されたIPアドレスを簡単に識別し、回収します。
DHCP、DNS、IPアドレス管理ツールの統合
手ごろな価格で、DHCP、DNS、IPアドレス管理ソフトウェアを完全に統合します。 1つのコンソールの1回の操作で、空いているIPを検出し、DHCP予約とDNSエントリを作成します。
IPアラート、トラブルシューティング、レポート
IPアドレスの競合、サブネット/スコープの枯渇、またはDNSエントリの不一致が把握できます。 IPアドレスの使用状況を監視し、サブネットの容量の問題とIPアドレスの競合に関するアラートを受信し、パフォーマンスに影響する問題をすばやく解決できます。
複数ベンダーのDHCPおよびDNSサポート
DHCPサーバーとDNSサーバーを1台のコンソールから管理することで、時間を節約し、エラーを回避できます。 Microsoft、Cisco、ISC DHCPのサーバーや、BINDおよびMicrosoftのDNSサーバーを1つのコンソールから一元的に管理、監視できます。 またIPアドレス トラッカー ソフトウェアは、範囲 またはDNSゾーンとレコードを作成、編集、削除できます。
固定IPアドレス リクエストの自動化
IPAMのIPリクエスト ウィザードを利用して、固定IPアドレスを素早く予約します。

自動的に予約、または内蔵のIPリクエスト ウィザードを利用してユーザーがIPアドレスをリクエストできるようにします。 また、IPAMでは、コンプライアンスのためのリクエストの追跡や、管理目的の変更について自動レポート機能を提供しています。

https://play.vidyard.com/3D8VgfnbgxLtZq7j88gA6z.jpg
APIサポート
IPAMは、CRUD(作成、読み取り、更新、削除)の操作でAPIサポートを提供し、サードパーティーのソフトウェアとの双方向の統合を可能にします。 IPレコードの作成、変更、削除を自動化します。 さらに、IPAMで新しいサブネットを作成し、APIを介してDNSエントリを作成/更新/削除できます。
VMware統合
VMware環境におけるIPアドレス管理を自動化します。

IPAMは、VMware vRealize Orchestrator(vRO)とvRealize Automation(vRA)を統合し、IPアドレスの発行と仮想マシンのDNS記録の更新を自動化します。 これらの作業を自動化することで仮想環境をダイナミックに拡大できます。

https://play.vidyard.com/q4wzKFbSsKtLsmmGXBSUf9.jpg
IPの詳細と履歴の追跡
IPを手に取るように認識できます。 IPアドレス管理ツールでは、お使いのすべてのIPと、使用方法’について(現在使用していないものを含め)の’詳細を提供できます。
クラウドDNS監視
AWS Route 53およびAzure DNSのゾーンや記録を一括監視します。

Amazon Web Services(AWS)Route 53およびAzure DNS のゾーンと記録の両方を、個別の管理コンソールにログインすることなく監視します。

管理の委任
簡単にIP管理を委任します。 IP管理を容易にし、システム管理者やネットワーク管理者が担当範囲のIPを監視できるようにします。
Microsoft DHCPフェールオーバー関係の管理機能強化
フェールオーバー関係の作成、監視を簡略化します。 DHCPサーバー上のすべてのリレーションシップを1つの画面で構成することにより、フェイルオーバー リレーションシップの管理を簡素化します。 また、リレーションシップの詳細をポップアップ ウィンドウにすばやく表示できます。
IPレポート
IPアドレスに関するレポートを簡単に作成可能 IPAM IPアドレス管理ソフトウェアにより、カスタマイズ可能なすぐに使えるテンプレートを活用して、迅速かつ柔軟な一元化されたレポートを達成できるようにします。
統一されたIT管理ダッシュボード
IPAMはOrion®プラットフォームの一部です。これにより、統一されたIT管理ダッシュボードが利用できます。 IPAM IPアドレス管理ソフトウェアのダッシュボードは、Network Performance MonitorServer & Application MonitorNetwork Configuration Managerなどのその他のSolarWinds管理製品と統合できます。
IP Control Bundleへの統合
IP Control Bundle(IPCB)では、IPAMとSolarWinds User Device Tracker(UDT)の機能を併せて利用することで、ネットワークの信頼性と可視性を高めます。 IPCBでは、IPアドレスと対応するエンドポイント接続/ロケーションの詳細を単一のビューで確認でき、リモート ポート シャットダウン機能を利用できます。 このため、たった2回のクリックでIPの競合を検知し、修正することができます。
迅速なインストール
通常1時間以内で稼動を開始できます。 IP Address Managerをインストール、構成して使い始めるまでの時間は約1時間です。
High Availabilityで高可用性を実現
Orion Platform High Availability(HA)の利用でOrionサーバーとサブネット全体のポーラーの24時間365日の可用性を実現できます。 SolarWinds High Availabilityにより、お客様の監視環境をO/Sのクラッシュ、アプリケーションの障害、ネットワーク接続の問題、データベース可用性の問題から保護します。 https://play.vidyard.com/UWCVJYYefypjtBgAV3iusA.jpg
ネットワーク デバイスのすばやい検索

ネットワーク デバイス ロケータにより、IPまたはMACアドレス、ユーザー名、ホスト名別にエンドポイントのデバイスを追跡できます。

LANおよびワイヤレス ネットワーク上のネットワーク デバイスを即座に見つけ、スイッチ名、ポート、ポートの説明、VLAN、VRFデータ、ベンダー情報などをすべて単一のコンソールから取得します。
WAP、スイッチ、ポートをマッピングして監視

ネットワーク デバイス識別マップでは、ワイヤレス アクセス ポイントとスイッチのパフォーマンスとエラーを監視できます。

ポートの状態と使用状況、応答時間、パケット損失、CPU負荷、メモリ使用率などの知識を得ることができます。
スイッチとスイッチ ポート容量を管理

使用中のスイッチとポート、容量に達しそうなスイッチを常に把握します。

ネットワーク デバイス トラッカーでは、ほぼ最大限の容量に達している作動中のスイッチを特定し、未使用のポートを再利用できる場所を確認できます。 すぐに使用できるレポートで、現在の使用率メトリックも受け取るため、容量要件の予測の予測を立てやすくなります。
不正なデバイスやユーザーを検出する

LANまたはワイヤレスネットワーク上で権限のないユーザーや不正デバイスを追跡します。

疑わしいデバイスがお使いのネットワークに接続されると、アラートを受信します。有線デバイスとネットワーク デバイスの両方でMACアドレス、IPアドレス、またはホスト名別に監視デバイスを追跡するデバイス ウォッチ リストを作成します。
ポートをリモートでオン/オフにする

スイッチ ポートをリモートでオン/オフにし、セキュリティを強化したり、IPの競合などの問題を解決します。

リモートで、しかもポイントアンドクリックで簡単に、侵害されたネットワーク デバイスポートをシャットダウンします。不正なデバイスを検出し、ポートをシャットダウンしてセキュリティ リスクを軽減したり、ネットワークの問題を防ぎます。
統一されたIT管理ダッシュボード

UDTはOrion®プラットフォームの一部です。これにより、統一されたIT管理ダッシュボードを利用できます。

UDTダッシュボードは、Network Performance Monitor、IP Address Manager、Network Configuration ManagerなどのSolarWinds管理製品と統合されています。
デバイス接続とユーザー ログオン履歴を入手

詳細なデバイス接続データとユーザー ログオン データを使用して、インシデントを調査します。

「接続の履歴」と「すべてのユーザー ログイン」を使用して、ユーザーがどのノード ポート、SSD、アクセス ポイント、どの接続タイプを介していつネットワークに入ったかを把握できます。
ユーザーの特定

Active Directory®を介して、ユーザー名や連絡先情報など、ユーザーの詳細を取得します。

ユーザーの詳細を収集し、すべてのエンドポイント ログイン、特にエンドポイント名と最新のログイン時間を明らかにします。
デバイス サポート

UDTには、マルチベンダー デバイス サポートがあります。

多くのSNMP管理スイッチおよびアクセス ポイントと互換性のあるマルチベンダー デバイス サポートを活用できます。
ポート詳細

ポートの詳細を表示します。

UDTデバイス追跡ソフトウェアは、ポートの説明、VLAN割り当て、接続済みMAC、ポート構成情報を提供するために構築されています。
エンドポイント デバイス ベンダーの特定

ベンダーごとにエンド ポイントの概要を表示します。

UDTネットワーク デバイス識別ツールで数値データ キーを使ったエンドポイント ベンダーの円グラフを使用して、ネットワークにどのベンダー機器が接続されているかを把握します。
IP Control Bundleへの統合

UDTとSolarwinds IP Address Managerの組み合わせにより、ネットワークの信頼性と制御性が高まります。

IP Control Bundleは、IPの競合に関するアラートを送信し、競合するデバイスのすばやい発見と隔離に役立ちます。 https://play.vidyard.com/fDnDBA66Ud4zjvLgdiwahc.jpg
SolarWinds NetFlow Traffic Analyzerとの統合

NetFlow Traffic AnalyzerでUser Device Trackerを強化します。

User Device Trackerの機能をNetflow Traffic Analyzerと組み合わせることにより、特定の高帯域幅デバイス(またはエンドポイント)を識別してそれをシャットダウンします。 https://play.vidyard.com/fEqghSsEUgYxNvekBYSjmj.jpg
迅速なインストール

1時間で稼動を開始できます。

User Device Trackerをインストール、構成して使い始めるまでの時間は約1時間です。
High Availabilityで高可用性を実現

Orion Platform High Availability(HA)の利用でOrionサーバーとサブネット全体のポーラーの24時間365日の可用性を実現できます。

SolarWinds High Availabilityにより、お客様の監視環境をO/Sのクラッシュ、アプリケーションの障害、ネットワーク接続の問題、データベース可用性の問題から保護します。 https://play.vidyard.com/UWCVJYYefypjtBgAV3iusA.jpg
Enterprise Command Center

Enterprise Operations Console (EOC)の利用で、複数のSolarWindsサーバーを1つの統合されたコマンド センターで管理できます。

SolarWinds Enterprise Operations Consoleは複数のインストール ベースのSolarWindsサーバーからパフォーマンス データを収集し、このデータを集計して合成、一元化されたビューを作成します。

次のステップへ

お問い合わせ先
24時間365日、 いつでもお問い合わせください。
+1-866-530-8100
{{STATIC CONTENT}}
{{CAPTION_TITLE}}

{{CAPTION_CONTENT}}

{{TITLE}}