IP Control Bundle

スプレッドシート要らずで、ネットワークの信頼性とコントロールを向上

ライセンスが付与されたこのバンドルに含まれる製品:
  1. IP Address Manager
  2. User Device Tracker
  • 自動IPアドレス追跡

    IP追跡スプレッドシートのことは忘れて、IPv4およびIPv6アドレスを積極的に識別・管理しましょう。

    アクティブなスキャンを使用して、サブネットおよび関連するアドレス ブロックを検出・追跡し、一時的なIPアドレスを表示して放棄されたIPアドレスを簡単に識別し、回収します。

  • DHCP、DNS、IPアドレス管理の統合

    手頃な価格で、DHCP、DNS、およびIPアドレス管理システムを完全に統合します。

    1つのコンソールの1回の操作で、空いているIPを検出し、DHCP予約とDNSエントリを作成します。

  • IPアラート、トラブルシューティング、レポート

    IPアドレスの競合、サブネット/スコープの枯渇、またはDNSエントリの不一致が把握できます。

    IPアドレスの使用状況を監視し、サブネットの容量の問題とIPアドレスの競合に関するアラートを受信し、パフォーマンスに影響する問題をすばやく解決できます。

  • 管理の委任

    簡単にIP管理を委任します。

    IP管理を容易にし、システム管理者やネットワーク管理者が担当範囲のIPを監視できるようにします。

  • IPの詳細と履歴の追跡

    IPを手に取るように認識できます。

    古い履歴があった場合でも、すべてのIPとそれらの使用状況について綿密な詳細を得ることができます。

  • APIサポート

    IPAMは、CRUD(作成、読み取り、更新、削除)の操作でAPIサポートを提供し、サードパーティーのソフトウェアとの双方向の統合を可能にします

    IPレコードの作成、変更、削除を自動化します。 さらに、IPAMで新しいサブネットを作成し、APIを介してDNSエントリを作成/更新/削除できます。

  • 統一されたIT管理ダッシュボード

    IPAMはOrion®プラットフォームの一部です。これにより、統一されたIT管理ダッシュボードが利用できます。

    IPAMダッシュボードは、Network Performance Monitor、Server & Application Monitor、Network Configuration Managerなどのその他のSolarWinds管理製品と統合されています。

  • Microsoft®、Cisco®、ISCのDHCPおよびDNS管理

    DHCPサーバーとDNSサーバーを1台のコンソールから管理することで、時間を節約し、エラーを回避できます。

    Microsoft®、Cisco®、およびISCのDHCPサーバーおよびDNSサーバーを管理し、監視して、変更を各サーバーにシームレスに伝達します。

  • 未使用のIPアドレスを再利用する

    誰にも使用されていないIPアドレスを再利用します。

    放棄されているIPをすぐに検出して回収することで、サブネットとスコープを有効に使える期間を延ばします。

  • IPの競合を解消

    IPの競合を数分で検出して修正します。

    IPの競合を能動的に検出し、影響を受けるシステムを特定して、根本原因を診断します。加えて、IPの競合が発生しているシステムでIP設定を再構成します。

  • IP Control Bundleへの統合

    IPAMとSolarWinds User Device Tracker(UDT)の組み合わせにより、ネットワークの信頼性と制御性が高まります。

    UDTには、競合するデバイスのポートをリモートで即座にシャットダウンする機能があるため、その間に使用可能なIPアドレスを見つけ、そのホストのDHCPおよびDNSシステムを設定することができます。

    https://play.vidyard.com/fDnDBA66Ud4zjvLgdiwahc.jpg
  • 迅速なインストール

    1時間で稼動を開始できます。

    IP Address Managerをインストール、構成して使い始めるまでの時間は約1時間です。

  • High Availabilityで高可用性を実現

    Orion Platform High Availability(HA)の利用でOrionサーバーとサブネット全体のポーラーの24時間365日の可用性を実現できます。

    SolarWinds High Availabilityにより、お客様の監視環境をO/Sのクラッシュ、アプリケーションの障害、ネットワーク接続の問題、データベース可用性の問題から保護します。

    https://play.vidyard.com/UWCVJYYefypjtBgAV3iusA.jpg
次の機能
  • ネットワーク デバイスのすばやい検索

    有線および無線ネットワークのエンドポイント デバイスを、MACアドレスおよびIPアドレスごとに追跡します。

    LANおよびワイヤレス ネットワーク上のネットワーク デバイスを即座に見つけ、スイッチ名、ポート、ポートの説明、VLAN、VRFデータ、ベンダー情報などをすべて単一のコンソールから取得します。

  • WAP、スイッチ、ポートをマッピングして監視

    ワイヤレス アクセス ポイントを監視し、スイッチングしてパフォーマンスとエラーに対応します。

    ポートの状態と使用状況、応答時間、パケット損失、CPU負荷、メモリ使用率などの知識を得ることができます。

  • スイッチとスイッチ ポート容量を管理

    使用中のスイッチとポート、容量に達しそうなスイッチを常に把握します。

    ほぼ最大限の容量に達している作動中のスイッチを簡単に特定し、未使用のポートを再利用できる場所を確認します。 すぐに使用できるレポートで、現在の使用率メトリックも受け取るため、容量要件の予測の予測を立てやすくなります。

  • 不正なデバイスやユーザーを検出する

    LANまたはワイヤレスネットワーク上で権限のないユーザーや不正デバイスを追跡します。

    疑わしいデバイスがネットワークに接続すると、アラートを受信します。 有線デバイスとネットワーク デバイスの両方のMACアドレス、IPアドレス、またはホスト名によるデバイス監視リストを作成します。

  • ポートをリモートでオン/オフにする

    スイッチ ポートをリモートでオン/オフにし、セキュリティを強化したり、IPの競合などの問題を解決します。

    リモートで、しかもポイントアンドクリックで簡単に、侵害されたネットワーク デバイスポートをシャットダウンします。不正なデバイスを検出し、ポートをシャットダウンしてセキュリティ リスクを軽減したり、ネットワークの問題を防ぎます。

  • 統一されたIT管理ダッシュボード

    UDTはOrion®プラットフォームの一部です。これにより、統一されたIT管理ダッシュボードを利用できます。

    UDTダッシュボードは、Network Performance Monitor、IP Address Manager、Network Configuration ManagerなどのSolarWinds管理製品と統合されています。

  • デバイス接続とユーザー ログオン履歴を入手

    詳細なデバイス接続データとユーザー ログオン データを使用して、インシデントを調査します。

    「接続の履歴」と「すべてのユーザー ログイン」を使用して、ユーザーがどのノード ポート、SSD、アクセス ポイント、どの接続タイプを介していつネットワークに入ったかを把握できます。

  • ユーザーの特定

    Active Directory®を介して、ユーザー名や連絡先情報など、ユーザーの詳細を取得します。

    ユーザーの詳細を収集し、すべてのエンドポイント ログイン、特にエンドポイント名と最新のログイン時間を明らかにします。

  • デバイス サポート

    UDTには、マルチベンダー デバイス サポートがあります。

    多くのSNMP管理スイッチおよびアクセス ポイントと互換性のあるマルチベンダー デバイス サポートを活用できます。

  • ポート詳細

    ポートの詳細を表示します。

    ポートの説明、VLANの割り当て、接続済みのMAC、ポート構成を表示します。

  • エンドポイント デバイス ベンダーの特定

    ベンダーごとにエンド ポイントの概要を表示します。

    数値データ キーを使ったエンドポイント ベンダーの円グラフを使用して、ネットワークにどのベンダー機器が接続されているかを把握します。

  • IP Control Bundleへの統合

    UDTとSolarwinds IP Address Managerの組み合わせにより、ネットワークの信頼性と制御性が高まります。

    IP Control Bundleは、IPの競合に関するアラートを送信し、競合するデバイスのすばやい発見と隔離に役立ちます。

    https://play.vidyard.com/fDnDBA66Ud4zjvLgdiwahc.jpg
  • SolarWinds NetFlow Traffic Analyzerとの統合

    NetFlow Traffic AnalyzerでUser Device Trackerを強化します。

    User Device Trackerの機能をNetflow Traffic Analyzerと組み合わせることにより、特定の高帯域幅デバイス(またはエンドポイント)を識別してそれをシャットダウンします。

    https://play.vidyard.com/fEqghSsEUgYxNvekBYSjmj.jpg
  • 迅速なインストール

    1時間で稼動を開始できます。

    User Device Trackerをインストール、構成して使い始めるまでの時間は約1時間です。

  • High Availabilityで高可用性を実現

    Orion Platform High Availability(HA)の利用でOrionサーバーとサブネット全体のポーラーの24時間365日の可用性を実現できます。

    SolarWinds High Availabilityにより、お客様の監視環境をO/Sのクラッシュ、アプリケーションの障害、ネットワーク接続の問題、データベース可用性の問題から保護します。

    https://play.vidyard.com/UWCVJYYefypjtBgAV3iusA.jpg
  • Enterprise Command Center

    Enterprise Operations Console (EOC)の利用で、複数のSolarWindsサーバーを1つの統合されたコマンド センターで管理できます。

    SolarWinds Enterprise Operations Consoleは複数のインストール ベースのSolarWindsサーバーからパフォーマンス データを収集し、このデータを集計して合成、一元化されたビューを作成します。

    eoc-summary-dashboard
次の機能

主な機能

その他の機能を見る +
機能の詳細を閉じる -
自動IPアドレス追跡
IP追跡スプレッドシートのことは忘れて、IPv4およびIPv6アドレスを積極的に識別・管理しましょう。 アクティブなスキャンを使用して、サブネットおよび関連するアドレス ブロックを検出・追跡し、一時的なIPアドレスを表示して放棄されたIPアドレスを簡単に識別し、回収します。
DHCP、DNS、IPアドレス管理の統合
手頃な価格で、DHCP、DNS、およびIPアドレス管理システムを完全に統合します。 1つのコンソールの1回の操作で、空いているIPを検出し、DHCP予約とDNSエントリを作成します。
IPアラート、トラブルシューティング、レポート
IPアドレスの競合、サブネット/スコープの枯渇、またはDNSエントリの不一致が把握できます。 IPアドレスの使用状況を監視し、サブネットの容量の問題とIPアドレスの競合に関するアラートを受信し、パフォーマンスに影響する問題をすばやく解決できます。
管理の委任
簡単にIP管理を委任します。 IP管理を容易にし、システム管理者やネットワーク管理者が担当範囲のIPを監視できるようにします。
IPの詳細と履歴の追跡
IPを手に取るように認識できます。 古い履歴があった場合でも、すべてのIPとそれらの使用状況について綿密な詳細を得ることができます。
APIサポート
IPAMは、CRUD(作成、読み取り、更新、削除)の操作でAPIサポートを提供し、サードパーティーのソフトウェアとの双方向の統合を可能にします IPレコードの作成、変更、削除を自動化します。 さらに、IPAMで新しいサブネットを作成し、APIを介してDNSエントリを作成/更新/削除できます。
統一されたIT管理ダッシュボード
IPAMはOrion®プラットフォームの一部です。これにより、統一されたIT管理ダッシュボードが利用できます。 IPAMダッシュボードは、Network Performance Monitor、Server & Application Monitor、Network Configuration Managerなどのその他のSolarWinds管理製品と統合されています。
Microsoft®、Cisco®、ISCのDHCPおよびDNS管理
DHCPサーバーとDNSサーバーを1台のコンソールから管理することで、時間を節約し、エラーを回避できます。 Microsoft®、Cisco®、およびISCのDHCPサーバーおよびDNSサーバーを管理し、監視して、変更を各サーバーにシームレスに伝達します。
未使用のIPアドレスを再利用する
誰にも使用されていないIPアドレスを再利用します。 放棄されているIPをすぐに検出して回収することで、サブネットとスコープを有効に使える期間を延ばします。
IPの競合を解消
IPの競合を数分で検出して修正します。 IPの競合を能動的に検出し、影響を受けるシステムを特定して、根本原因を診断します。加えて、IPの競合が発生しているシステムでIP設定を再構成します。
IP Control Bundleへの統合
IPAMとSolarWinds User Device Tracker(UDT)の組み合わせにより、ネットワークの信頼性と制御性が高まります。 UDTには、競合するデバイスのポートをリモートで即座にシャットダウンする機能があるため、その間に使用可能なIPアドレスを見つけ、そのホストのDHCPおよびDNSシステムを設定することができます。 https://play.vidyard.com/fDnDBA66Ud4zjvLgdiwahc.jpg
迅速なインストール
1時間で稼動を開始できます。 IP Address Managerをインストール、構成して使い始めるまでの時間は約1時間です。
High Availabilityで高可用性を実現
Orion Platform High Availability(HA)の利用でOrionサーバーとサブネット全体のポーラーの24時間365日の可用性を実現できます。 SolarWinds High Availabilityにより、お客様の監視環境をO/Sのクラッシュ、アプリケーションの障害、ネットワーク接続の問題、データベース可用性の問題から保護します。 https://play.vidyard.com/UWCVJYYefypjtBgAV3iusA.jpg
ネットワーク デバイスのすばやい検索
有線および無線ネットワークのエンドポイント デバイスを、MACアドレスおよびIPアドレスごとに追跡します。 LANおよびワイヤレス ネットワーク上のネットワーク デバイスを即座に見つけ、スイッチ名、ポート、ポートの説明、VLAN、VRFデータ、ベンダー情報などをすべて単一のコンソールから取得します。
WAP、スイッチ、ポートをマッピングして監視
ワイヤレス アクセス ポイントを監視し、スイッチングしてパフォーマンスとエラーに対応します。 ポートの状態と使用状況、応答時間、パケット損失、CPU負荷、メモリ使用率などの知識を得ることができます。
スイッチとスイッチ ポート容量を管理
使用中のスイッチとポート、容量に達しそうなスイッチを常に把握します。 ほぼ最大限の容量に達している作動中のスイッチを簡単に特定し、未使用のポートを再利用できる場所を確認します。 すぐに使用できるレポートで、現在の使用率メトリックも受け取るため、容量要件の予測の予測を立てやすくなります。
不正なデバイスやユーザーを検出する
LANまたはワイヤレスネットワーク上で権限のないユーザーや不正デバイスを追跡します。 疑わしいデバイスがネットワークに接続すると、アラートを受信します。 有線デバイスとネットワーク デバイスの両方のMACアドレス、IPアドレス、またはホスト名によるデバイス監視リストを作成します。
ポートをリモートでオン/オフにする
スイッチ ポートをリモートでオン/オフにし、セキュリティを強化したり、IPの競合などの問題を解決します。 リモートで、しかもポイントアンドクリックで簡単に、侵害されたネットワーク デバイスポートをシャットダウンします。不正なデバイスを検出し、ポートをシャットダウンしてセキュリティ リスクを軽減したり、ネットワークの問題を防ぎます。
統一されたIT管理ダッシュボード
UDTはOrion®プラットフォームの一部です。これにより、統一されたIT管理ダッシュボードを利用できます。 UDTダッシュボードは、Network Performance Monitor、IP Address Manager、Network Configuration ManagerなどのSolarWinds管理製品と統合されています。
デバイス接続とユーザー ログオン履歴を入手
詳細なデバイス接続データとユーザー ログオン データを使用して、インシデントを調査します。 「接続の履歴」と「すべてのユーザー ログイン」を使用して、ユーザーがどのノード ポート、SSD、アクセス ポイント、どの接続タイプを介していつネットワークに入ったかを把握できます。
ユーザーの特定
Active Directory®を介して、ユーザー名や連絡先情報など、ユーザーの詳細を取得します。 ユーザーの詳細を収集し、すべてのエンドポイント ログイン、特にエンドポイント名と最新のログイン時間を明らかにします。
デバイス サポート
UDTには、マルチベンダー デバイス サポートがあります。 多くのSNMP管理スイッチおよびアクセス ポイントと互換性のあるマルチベンダー デバイス サポートを活用できます。
ポート詳細
ポートの詳細を表示します。 ポートの説明、VLANの割り当て、接続済みのMAC、ポート構成を表示します。
エンドポイント デバイス ベンダーの特定
ベンダーごとにエンド ポイントの概要を表示します。 数値データ キーを使ったエンドポイント ベンダーの円グラフを使用して、ネットワークにどのベンダー機器が接続されているかを把握します。
IP Control Bundleへの統合
UDTとSolarwinds IP Address Managerの組み合わせにより、ネットワークの信頼性と制御性が高まります。 IP Control Bundleは、IPの競合に関するアラートを送信し、競合するデバイスのすばやい発見と隔離に役立ちます。 https://play.vidyard.com/fDnDBA66Ud4zjvLgdiwahc.jpg
SolarWinds NetFlow Traffic Analyzerとの統合
NetFlow Traffic AnalyzerでUser Device Trackerを強化します。 User Device Trackerの機能をNetflow Traffic Analyzerと組み合わせることにより、特定の高帯域幅デバイス(またはエンドポイント)を識別してそれをシャットダウンします。 https://play.vidyard.com/fEqghSsEUgYxNvekBYSjmj.jpg
迅速なインストール
1時間で稼動を開始できます。 User Device Trackerをインストール、構成して使い始めるまでの時間は約1時間です。
High Availabilityで高可用性を実現
Orion Platform High Availability(HA)の利用でOrionサーバーとサブネット全体のポーラーの24時間365日の可用性を実現できます。 SolarWinds High Availabilityにより、お客様の監視環境をO/Sのクラッシュ、アプリケーションの障害、ネットワーク接続の問題、データベース可用性の問題から保護します。 https://play.vidyard.com/UWCVJYYefypjtBgAV3iusA.jpg
Enterprise Command Center
Enterprise Operations Console (EOC)の利用で、複数のSolarWindsサーバーを1つの統合されたコマンド センターで管理できます。 SolarWinds Enterprise Operations Consoleは複数のインストール ベースのSolarWindsサーバーからパフォーマンス データを収集し、このデータを集計して合成、一元化されたビューを作成します。 eoc-summary-dashboard

30日間試す

全機能を試せる無料トライアル 無料トライアルをダウンロード 無料トライアルを申し込む(メール)
お問い合わせ先
24時間365日、 いつでもお問い合わせください。
866.530.8100
{{STATIC CONTENT}}

{{CAPTION_TITLE}}

{{CAPTION_CONTENT}}

{{TITLE}}