Network Performance Monitorの新機能

v12.4の新機能!2018年12月4日

予想外のシンプルさで、監視のニーズに合わせた拡張が可能

Cisco ACIのサポート

SDN環境の監視でCisco ACIがサポートされます。

Orion®プラットフォーム2018.4における新機能と改良点

一元アップグレード

追加のポーリング エンジン、追加のWebサーバー、高可用性サーバー をOrion Webコンソールから自動的にアップグレードできます。アップグレードは並行して実行されるため、大規模デプロイメントのアップグレードに要する時間を大幅に削減できます。

SAML認証でサポートされるSSOの設定

SAMLプロトコルを使用してユーザー認証を行うので、OktaやActive Directoryフェデレーション サービスの資格情報を使用してOrion Webコンソールにログインできます。

パフォーマンス分析のアップグレード

PerfStack™でライン データを変換することで、未加工データから生成されるノイズを削除し、異常を迅速に表面化させます。

詳細を表示 

Orionデプロイメントのヘルス状態を確認

オンラインのOrion Diagnostics:Orion Webコンソールでポーリング エンジンから直接診断を収集し、Settings(設定)からデプロイメントのヘルスに直接アクセスします。

詳細を表示
アップグレードはシンプルです

カスタマー ポータルにアクセスし、バージョン12.4をダウンロードしてから、ウィザードの指示に従ってアップグレードします。OrionプラットフォームはOrionプラットフォーム製品のコアであり、別個にインストールしたりアップグレードしたりする必要はありません。

{{STATIC CONTENT}}
{{CAPTION_TITLE}}

{{CAPTION_CONTENT}}

{{TITLE}}